手作りと色んな思いを          日記代わりに・・・。


by chibiyun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:チェロ ( 34 ) タグの人気記事

風邪ひいて…

どうも 風邪をひいてしまった様で、
数日前から 喉が痛いのと、啖?が絡んで声が…。
エヘエヘン (`o´) と咳をしてるばかりで、困った状態だわ。

今日は パパさんとちびゆんが、
午前中にぽかぽか温泉(って言うの?)に出かけて居なかったので、
午前中にちょびっとチェロの練習を…。
音程を合わせてから 開放弦の練習をしました。

午後も 父子仲良く出かけて行ったので、
やりかけの巾着袋と、新たにもう一つ を完成させました。
b0018429_21383246.jpg

こみちゃんとこで分けて貰った生地を使いました~ (^O^)

こみちゃんずは~と では、今 セール中ですよ~♪
[PR]
by chibiyun | 2007-12-09 21:38 | 手作り

寒い日

今日は とっても寒い日でした~(>_<)

ちびゆんが帰って来て、「今日はストーブがついたんよ~\(◎o◎)/」
ストーブは 10度以下の日だけ…と決まっている。
ちびゆんの教室は3階建ての建物の2階なので、
元々 一番暖かいはず…なので、
今日は 小学校も凄く寒かったんだろうなぁ~(*_*)

今日もチェロ、30分練習♪
弓の持ち方に気を取られて、緊張の余り?肩が上がってしまう…(ToT)
開放弦だけで 30分も練習するって、すごーく時間の流れを遅く感じました。
今週中に 姿見(鏡)を買わなくっちゃ(^o^)/
[PR]
by chibiyun | 2007-12-05 23:37 | 手作り

レッスン1回目

初めてのレッスンが終わった。
10:30~11:30の様で、25分頃「ちょっと早いけど、この辺りまでで…」と 弾く練習が終わった。
30分なのかな…と思っていたんだけど、どうやら1時間の様だ。
(なんとえーかげんな生徒…普通、事前に確認するよなぁ(-。-;)  )

初めてのレッスンは まずチェロの抱え方…、構え方の方が正しいかな。
背筋を伸ばして、胸に当たる部分…チェロを押し上げる様に…みたいな感じ?
体は真っ直ぐで チェロを傾けて…うぅぅ~案外難しい(T_T)

それが出来たら、次は弓の持ち方。
弓はまず、親指以外の4本で支え、それから親指を添わせる…と
言葉で言うのは簡単だけど、難しいぃ~\(‘O´θ/


b0018429_2163519.jpg

良い持ち方で弾き始めるものの、1分も経たない間に こう変わる…(ノ_<。)

これが ヴァイオリン癖…のひとつみたいよ。
弓の重さが全く違うから、この持ち方ではチェロは弾き続けられない。
b0018429_2163588.jpg


ので、先生がお帰りになってから、頑張って 開放弦の(ナイス持ち方での)練習をした。
確かに、指示通りの持ち方だと 親指も疲れないし 痛くならない。

もう一つ習得したのは、肩と肘の関係。
肩は下げて…でも 肘は下げ過ぎてはいけない。
o(‘へ’)○☆

なんだか 緊張の余り、肩凝っちゃって~とレッスン後に話すと、
「チェロを弾くと、肩凝りが緩和されるそうですよ。」と言われた。
そうなって欲しいわ~♪

トラン、弦を押さえるところにラインを貼って頂いた。
b0018429_2163564.jpg


今日のお勉強(^o^)/
1.チェロは 指板(細いネックの部分)に頬が擦る位の位置
 後頭部が糸巻きに当たりそうな位の角度がベスト。
 (顔は斜め下を向く感じで、前を向くと糸巻きに頭が当たる感じ?)
2.弓の持ち方…親指は丸く、常に 弓を握っている手の中に 小さな玉子位の空間が保てる様に。
3.チェロとお腹の間は なるべく空けて音を響かせる。

こんな感じ?

エンドピンストッパーは あれでOKでした♪
b0018429_2163524.jpg

[PR]
by chibiyun | 2007-12-04 21:06 | 手作り

にわか独学…その3

トランは素直な子で、良い所がある♪

それがトランたる所以なんだけど、
指で弦を押さえる細いネックの部分にも縞々があって
b0018429_21283994.jpg

何処を押さえるとどの音が出るか…が 横から見ると一目瞭然

                   \(◎o◎)/

これって にわか独学にはすごーく役に立つよ~♪

ということで、今日は とりあえず…で、開放弦のボウイングやって、
それから 音程をとる練習をちょっと…♪

明日はいよいよ、初レッスンです。
私の場合は、先生がうちに来て下さるので、朝からお掃除です。


                      (’◇’)ゞ
[PR]
by chibiyun | 2007-12-03 21:28 | 手作り

にわか独学…その2

まだ一度も教わっていないのに 練習とは・・・、いかに難しき事!

なんだけど、まぁ 頑張ります!とメールを打ってしまった手前
なんでも良いからやらなくちゃ!っていう感じで
今日も早い昼食を済ませて、自主練習をした。

練習時間は今のところ、30分と決めている。
(ちびゆんにはその3倍以上やれ!と言ってるが… ^_^; )
30分のうち、調音に10分 弾くのは20分位かなー。
実は 20分以上は 手が痛くて弓が握れないよ~(T_T)

チェロの弓は けっこう重い…と思う。
私の感覚は、かつて学んだヴァイオリンが標準…と、頭の中にインプットされている様で
チェロの弓は、比べると すごーく重く感じるのだ。
(多分、実際 かなり違う筈)

それに決定的に違ってるのが、弓の持ち方。
ヴァイオリンは中側のカーブに親指を添わせて、
弓のネジの上に小指を載せて軽く…っていう感じで弾くんだけど、
b0018429_15105531.jpg

チェロの握り方は どういう訳か全然違う。
まぁ、そりゃぁそうよね。
ヴァイオリンは弦の上に弓を載せて…だけど、
チェロの場合は弦は地面からある意味立ってるもんね。
軽く握ってたら、ズリ落ちちゃう。
なので、テキスト見て 四苦八苦しながら本来の持ち方で練習すると…、

b0018429_15105573.jpg


5分も持たず親指の付け根がいたーくなっちゃうのだ。
(><。)。。。
[PR]
by chibiyun | 2007-12-03 15:10 | 手作り

ブルドッグのブルース

なんとか ここまで…。
とりあえず、25日のX'mas会で弾くには
なんとか 行けそうな感じ…かな(^_^;)


ちびゆん、好きな曲を右手で 勝手な風(ジャズ風とか)でポロポロ弾く様な事を
最近よくやりだしていて、「でも、左手をどう使って良いか…な感じ。
左手で 簡単な伴奏を自在に出来る様なレッスンってないですか?」
と、ちょっと前に、先生に伺っていて、今日のレッスンからそういう練習が始まった。

こういう時に、コンクールに関係ない生徒って 気がらくー♪
あんなことしたいよー!とか、親も子も好きな事が発言できる。
先生も、2歳からピアノが大好きで楽しんでやってるちびゆんには
とっても甘くて?色々なことにチャレンジさせてくれるから
彼もちょっと位?厳しい練習でも 最終的には根を上げないのかな。

勧めてくれる先生には悪いけど・・・コンクールは多分・・・ずっと出ません。
私も、上達の為に怒りまくる事には 自分で納得してやってるんだけど
コンクールの為に、鬼の様にはなりたくないんだもん。
怒る目的が違うというか・・・多分、ちびゆんも納得しないよ・・・コンクールの為は。

頑張ってるちびゆんには 私は思いきり拍手 (ToT) だけど
なにより 大人の、ある程度楽譜を読める(はず)の私でも
ちょっと ん?と思う様な 和音の展開( 属7の和音とかも )を、
小1のチビに 真顔で教える先生の根性というか熱意を見て
《 この先生は、やっぱり凄い…w(☆o◎)w 》と、つくづく感じました。
頑張って ついて行かせます…ちびゆんm( _ _ )m

もう1点は エンドピンストッパー。
赤い棒の立っているとこに、
チェロのエンドピンを立てます。
b0018429_10565032.jpg


丸くカーブにした方が良かったかな♪
[PR]
by chibiyun | 2007-12-02 10:56 | 手作り

とうとう12月

今年も後1ヶ月になってしまったよ・・・。
うちの長男くんや次男くんは どうなんでしょう???って感じで
受験に関しては、さっぱり判らない。
(初めてという訳でないのに、お恥ずかしいけど。)

今日は土曜・明日は日曜・・・週末はチェロの練習は多分無理。
土曜日はとにかく、ちびゆんの2:30~のピアノレッスンのために
朝から「はよしろー!」のリピートで、ただいま練習中です。

今弾いているのは、
≪こどものハノン(下巻)≫の 真ん中辺
バッハの≪プレ・インベンション≫の サラバンダ という曲 ←今弾き中
≪ブルドッグのブルース≫の中の ブルドッグのブルース

ちびゆんは、とにかくスローテンポが大嫌いなので
サラバンダという〔神様の前で弾く曲〕なんて・・・ (*`θ´*)って感じ。
最初ゆっくりで始まっても、だんだん早くなっちゃうので
◎が貰えなくて すったもんだしてる所です。

今日・明日は チェロを出すことは出来なさそうなので、
ウェルナーの教本(上)の譜読みを ダダダー!っとやるつもり。
実は・・・ピアノでもちょっと難しくなってくると 左手が遅れる位
私はヘ音記号が苦手なのです...。
チェロにはその後、〔ハ音記号〕の楽譜も出てくるんだけど
これに至っては もう、フランス語的なもんよ...
最初から、見る気になりませ~ん!

でも、ヘ音楽譜だけは何とかせねば・・・と思うので、
ふんふん~~と鼻歌で目で読んでいく練習を・・・。

昨日、エンドピンストッパーというものをこさえました♪
これは、家で練習する時に、
《チェロの先に付いている金属の棒(エンドピンという物)で床を傷付けない》為に敷く
小さなマット?みたいな物で、売ってるのには 可愛いのとか色々あるらしいんだけど
近くのダイキで材料を買ってきて、とりあえず・・・を作ってみました。
材料費・・・約600円って、高いのかな?

でもまぁ、使えそうよ。
素材は、底が特殊ゴム(普通のゴムより滑らず強い)で
その上をコルクの2重層です。
端っこに 紐をつける為にビスを打って完成~♪
       画像はまた。
[PR]
by chibiyun | 2007-12-01 12:26

練習・・・その1

昨日から、≪にわか独学≫中・・・
先生にも、
「火曜日の1回目のレッスンまでは、、≪にわか独学≫しときます。」と
先日メールを送っておきました。

「調音だけは、毎日してみてね。」と言われているんだけど、
調音のための機械を買っていないので「自分で・・・やってみて♪」と。
そりゃぁ、遥か昔・・・まだうら若き女子高生の頃は
弱小オケのヴァイオリンという立場から 調音の音を提供した経験はあるけど、
アレから何年だ・・・???
もう、無理~。

なので・・・、先日買った≪チェロ入門≫に付いてたCDの中から
開放弦のボーイング練習のとこを見つけて A線の音を戴くことにした。
この本、〔見て聞いて必ず弾ける〕と謳ってあるだけあって 
ただ単に 開放弦でなぞるだけで 弾けてる気分にさせる様な伴奏つき。
おまけに 開放弦をちょろっと練習したら すぐドボルザークの【家路】だよ。
むっちゃくちゃー!

で、とりあえず・・・調音と開放弦の全弓(弓を端から端まで使って弾くのよん。)を。

ここで、ガ~~ン!の事実を知った私。
チェロって、ヴァイオリンと真逆の向きなので 頭がこんがらがる。

なんで、一番高い音が一番左だー??

・。・゚゚・(≧◯≦)・゚゚・。・

なんで、弓の持ち方(傾け方)の方向が 逆~~??

・。・゚゚・(≧◯≦)・゚゚・。・

なんで、左手の向きも逆~~~????(これは当たり前だが、混乱気味...)

・。・゚゚・(≧◯≦)・゚゚・。・


   お昼食べたら、今日もやる...
          
          ちりとてちん のキー子の気分...      
[PR]
by chibiyun | 2007-11-30 12:14

ジャ~ン! お初です♪

トラン こんな感じです♪
b0018429_136976.jpg

横に置いてあるシャチハタで、大きさがわかるでしょうか?

横から見たらこんな感じ。
b0018429_136938.jpg


これが、≪トラン≫たる所以です・・・♪
b0018429_136979.jpg



        早速、愛着が。
           可愛いなぁ~(*^_^*)
[PR]
by chibiyun | 2007-11-28 13:06 | 手作り

チェロ、買った!

ものすごーく疲れた1日でした。
自分ではそう思っていなかったけど、やっぱり緊張したのかな。

朝、9時に 先生を迎えに行って 直行。
国道を通って、2時間位・・・と予定していたんだけど、
高速を使ったので(一応 岡山県なのでちょっと遠方かな。)
10時には着いてしまいました。

全く 工房には見えない…というか、元≪普通の家≫だった。
でも、ドアを開けて入ったら・・・あらまっ!凄いわっ!という感じ。
作りかけの楽器があったり、工具がそこ等中に置いてあって
完全に≪工房≫でした。

で、チェロが3種類用意してありました。
私は、体験レッスンのときは YAMAHAのサイレンとチェロだったので
触るのは、ほんっとに初めてでした。

「先入観が入るといけないから、説明無しで弾いてみてください。」といわれて
先生がサンサーンスの白鳥を弾いて聞かせて下さるけど・・・

  先生上手くて どれが良いやら わから~~~ん!!(ToT )

何度か試して(先生をこき使った・・・。)
まず 没を1つ選んだ。

でもね~、この お値段も何もわからなくて耳だけで選ぶって、
昔、TVでやってた≪格付けチェック≫みたい。
困ってしまって・・・、
2流芸能人とか姿も消されてしまったヒトの気持ちが判る~。
選んだ楽器が、実は一番良い音で 先生達の一押しとかだったらどうしよう~!と
マジ、焦りました。

結果、ボツ1番目・・・KARL HOFNER #4 (定価¥298,000)

私が「これが ちょっと・・・かな、と思いました・・・。」と発言してのち、
やっと先生から 「私もそう思いますよ。」とのお言葉。
良かった~~~♪

残りの2つは うぅ~ん~~決まらない!
何度も弾いて頂いて、あちこち聞く場所を変えて玄関まで行ってみたり・・・
「ちょっと弾いてみて!」と先生に言われて、手を支えて頂いて弾いたり・・・。

1つは柔らかいソフトな音色で全体的にまとまってる様な・・・でも、平凡?
もう1つは、4本の弦のうちの上の3本の音色は凄く好き・・・でも、
一番低い音が ちょっとどうなんかな・・・って感じで ・・・ 悩む。

「悩んだら、今回止めて 次回また用意してもいいですよ。」と
工房のご主人も 言って下さったんだけど
「でも、今日ここで逢ったのが縁だと思うので 決めます。」と。

「なら、この音色が好きだ・・・で決めた方が良いかも。」と言われた。
この弦が・・・とかは、調整である程度は何とでもなるみたいだった。 

なので、思い切り良く(これが私の十八番!) 決めたぞ!

ボツ2番目決定・・・PRELL Ⅱ(定価¥420,000) 平凡な方。

結局 手元に残った 輝かしきマイチェロは
≪Fiumebianca M-Ⅱ GARIMBERTI≫っていうのです。
で、先生も決定後に「私も良い選択だと思いました。」と言ってくれたよ~♪
お値段は ボツ2 と同じでした。
「音色は好みかもしれない・・・位だけど、外観では絶対こっち!!」と
先生もご主人も 後で話してくれた。
「その値段とは思わないヒトも居ると思いますよ~。」っていうような外観だって。
私への、私からのプレゼントです。

画像は、後日UPしますが、≪こういうのがいいのか・・・≫と
私にはちょっと意外な外観だったよ...。

それから・・・弓選びもあったんだけど・・・これもまた、ながーい道程だった。
(定価¥57750~¥84000の中に6本用意してあった。)
でも、まぁ、選択したものはベストだったようで 合格が出ました。

で・・・、結局の所、予算をオーバーしてしまったよ・・・。
もちろん、定価ではなくて 割引も頑張ってくださったんだけど
でも、まだ、3万円くらい予算オーバーだったのです。
(その予算も、××~○○円までで・・・と話していた上限ぎりぎりのとこ。)
それで、ものすごーーくサービスしてくださって、
最終金額から、さらに5000円引いてくれて、
弓ケースや松脂とかの必需品をおまけしてくれました。

さて、マイチェロの命名。
工房ご主人の初めてのお子さん・・・会わせて頂いたんだけど
≪シモン君≫っていう めっちゃ可愛い男の子・・・まだ5ヶ月でした。
奥様がイタリアの方だそうで 凄く小顔で綺麗なヒトだった。
なので、当然のように 可愛いBabyでした。

それにちなんで ≪トラン君≫にしました~♪
もうこれっきゃない!って名前ですわ・・・。

                   後日画像見て 笑って。
[PR]
by chibiyun | 2007-11-27 22:32