手作りと色んな思いを          日記代わりに・・・。


by chibiyun
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ピアノ修理の話

今日、岡山から ピアノの見積もりに来て頂いた。
直すか直さないか・・・なーんて ご挨拶の話には 全くならず、
50代半ばくらい?の調律師さんは 部屋に入るとすぐ
ピアノを開けて 中をチェックし始めました。

結局のところ、
我が家のKAWAI  No.K8・・・50年経ってるにも拘らず、というか
50年経ってる割に・・・? とても状態は良いそうで
フェルトとかハンマーの駄目になってる所の交換とかはなかった。

最近(といってももう 20年近くなる?)は、ピアノも中の部品は
プラスティックで出来ているんだって・・・シラナンダ。
このピアノは パーツがALL木製で とても良い物を使ってあるそうで
(ん~?単に、プラスティックのパーツが出現する前ってことだよなぁ)
保育所に貰われて行かなくて、本当に良かった そうだ。
(実は、保育所で貰ってもらう手はずがほぼ整ってたんだけど
ちびゆんの↓の日記の一言で 話が消え去ったのでした・・・。)

虫食いは若干あるものの 交換を要するほどではなくて、
ねずみ君の害も全く見当たらず、基本的にはまずまず・・・でした。

なので、調音・整調・調律・・・それから 鍵盤の貼り替えで、
全部で12万円弱 という金額になった。

ただ・・・
私の我儘?こだわり?なんだけど 白い鍵盤に抵抗があるのだ。
先生のお宅のアップライトも アクリル鍵盤なので真っ白なんだけど
見てると なーんか・・・白過ぎて気持ち悪いのよね。
ヨ○さまの歯を見てるような・・・というか。
先生のお宅の 綺麗な木目調のピアノについてる鍵盤でさえ
そんな風に感じてしまうんだから、
うちの、この艶も無くなって傷だらけの黒ピアノにそれが付いたら
なんていうか・・・ まるで中年おじさんのインプラントみたいな・・・。
そういう話をして、人口象牙の鍵盤の見積もりも出して貰う事になった。
5万くらいはUPするかも・・・とのこと。
ちびゆんは・・・多分、白いのでも全然OKで喜ぶだろうな。
本当に、単に 私のこだわり だけ・・・なんよね。


実は、私は岡山出身なんだけど、色々話をしているうちに
この調律師さんは 私が高校に入るまで習っていた
ヴァイオリンの先生のピアノをずっと調律していた方だということが判って
そりゃぁ、もう・・・お互いびっくり!でした。

鍵盤の内容はともかく そういうこともあって 信頼度も上がり
ピアノの修理は そこにお願いすることになった。
10月28日の≪2台のピアノの発表会≫の後なので 11月初旬・・・かな?
[PR]
by chibiyun | 2007-10-05 22:51